「contact_AI」自動回答の有償版サイトです。
By ピエールソフト 2017.7.16
お問い合せフォームで 回答の自動化 ができます。

ー目次ー

■当システム「contact_AI」は、問い合せ等に対して回答の自動化を支援するものです。

  【1】概要

  【2】仕掛け

  【3】システム構成

  【4】動作確認デモ

  【5】利用方法(手順)

  【6】利用料金

※本件に関するお問い合せは、https://pierre-soft.com/ からお願い致します。

[1]概要

お問い合せは利用者が始めてコンタクトする窓口であって、会社の顔とも言える重要な部分だと考えます。
かといって受け側にすれば、初歩的でしかも同じような内容を回答しているのが現状ではないでしょうか。

当システムはこの部分をロボット回答するものです。
問い合せ内容をパターン化し、その内容に応じて自動(半自動も可能)回答します。

具体的には次のような流れになります、
(1)問い合せフォームのデータを入手する。
(2)内容を分類/処置キーワードで解析する。
(3)解析結果に合わせて回答文を生成してメール送信する。

▲ページの先頭へ


[2]仕掛け

問い合せフォームで内容を受けるまでの手順は従来と同じです。
そのデータには、依頼者名、E-mailアドレス、内容、が必ずあると思います。

・利用者が[送信]を押下した時点でそれらのデータ+αを当方へ送ります。→→「contact_AI」側へ

[当方での処理]
■+αからキーワード群(分類、処置)情報を取り込みます。

■問い合せデータの解析処理。

・分類、処置のIDが帰ってきます。 ←←「contact_AI」側から
・このIDから事前に準備しておいた回答群を検索して回答文を作成します。
・依頼者へは、問い合せ内容と回答が付いたメールを送ります。

▲ページの先頭へ


[3]システム構成

・事前準備(利用者側)

(1)分類キーワード・テキストファイル
  定義の例:住所入力,住所検索,郵便番号,プラグイン,...

(2)処置キーワード・テキストファイル
  定義の例:見積,価格,教えて,...

(3)回答群データ・テキストファイル
  分類数x処置数の組み合わせ分の回答が必要です。

・PHPプログラム群(契約後に提供)

(1)req_define.php‥‥環境定義ファイル(御社環境に合わせて修正が必要)

(2)req_robots.php‥‥実行ファイル

(3)req_user.php‥‥‥回答文の追加編集モジュール

(4)put_mail.php‥‥‥メールの送信モジュール

▲ページの先頭へ



[4]動作確認デモ

■デモ用のファイル内容
※ファイルの文字コードは全てUTF-8です。
環境定義ファイル(req_define.php)の内容
分類キーワード・ファイルの内容
処置キーワード・ファイルの内容
・回答群データ・ファイル
  使い方の回答、0_0.txtの内容
  価格表の回答、0_1.txtの内容

■操作方法
・お名前、メールアドレス、内容、を入力して「送信をクリックして下さい。
・回答付きのメールが届くハズです。
・内容の文面を変えて再確認して下さい。
(デモは特別仕様で、キーワードが合致しない場合にはメールが送信されません)


お問い合せのデモ

お名前
メールアドレス
内容

※メールは「メールアドレス」で指定した宛先にのみ送信します。

▲ページの先頭へ


[5]利用方法(手順)

【前提条件】

(1)PHPが稼働する環境であること。

(2)御社側の分類/処置キーワード・ファイルが当方から読み込めること。

(1)有償ですので利用申請が必要です。

(2)上記[3]記述の事前準備を行ないます。

(3)問い合せフォーム作成(動作確認済の事)

(4)メール送信の直前部分を次のように修正。

include("req_robots.php"); ‥‥‥ 実行ファイル
(この中でreq_define.php、put_mail.php、が呼ばれます)

$r_email= "利用者のE-mail";
$r_name=  "利用者の名前";
$request= "問い合せ内容";

req_robots($request); ‥‥‥ 回答メールの送信

※利用者側はこれだけです。

▲ページの先頭へ


[6]利用料金

(1)システム利用料金(一括)‥‥ 5,000円
(ドメイン単位です)

(2)ランイングコスト‥‥ 0円

(3)サポート料(必要な場合のみ)
  ・1ヶ月‥‥ 5,000円
  ・3ヶ月‥‥ 10,000円

(4)他ドメインへ拡大する場合‥‥ 3,000円
(ドメイン単位です)

▲ページの先頭へ


更新履歴

・2017.07.02(Ver1.9)
 独自に回答する機能を設けました。
・2017.06.28(Ver1.8)
 AI拡張、マルチ回答を可能にしました。
・2017.06.21(Ver1.7)
 マルチドメインでの利用を可能にした。
・2017.06.16
 初期(β版)バージョンのサービス開始。

▲ページの先頭へ